毎月洗濯をするのがおすすめ

ベッドパットは、数か月に1回は洗濯をしてください。
寝ている時に、人間は汗をかきます。
ベッドパットに汗が染みているので、洗濯をしないと綺麗になりません。
ダニは、人間の汗をエサに繁殖します。
ですから汗が染み付いているベッドパットをそのままにしておくと、ダニにエサを与えているのと同じ状態になります。
毎月、掃除する日決めると良いですね。
また乾かない時のために、予備のベッドパットも購入しておきましょう。

湿度が高い地域で暮らしている場合は、もっと短い頻度でベッドパットを乾かしてください。
寝室に、除湿器を持ってくるのも良い方法です。
朝に除湿器のスイッチを入れれば、夕方にはベッドパットが乾くでしょう。
湿気が原因でベッドパットが乾いて、雑菌が繁殖することがあります。
天気が良い日は、寝室の窓を開けておくのがおすすめです。
それなら除湿器がない家庭でも、室内を乾燥させられるでしょう。
窓と同時に、ドアも開けるのが良い方法です。

太陽の光で消毒すれば、ダニは死滅すると昔は言われていました。
今でも実践している人は、多いと思います。
しかし、そもそも雲1つないような天気の時でないと、日光消毒の効果を発揮できません。
また、窓を通した光では意味がないので、外にベッドパットを干す必要があります。
かなり手間が掛かる方法なのでも、おすすめはできません。
定期的に洗濯したり、乾燥させることを意識していればダニなどの雑菌を排除できます。

ダニが発生しないようにする

寝室には、ダニは発生しやすいと覚えておきましょう。 発生を抑えるため、清潔な状態を維持することが重要です。 ベッドパットには寝汗が染みついて、ダニの生息地になります。 定期的に洗うことで、ダニの発生を抑えられます。 月に1回は、ベッドパットを洗いましょう。

除湿器で乾燥させる方法

洗濯は1か月に1回で良いですが、寝汗は毎日染みつきます。 湿った状態にしていると、雑菌が繁殖してしまうので注意してください。 ベッドパットを乾燥させることで、雑菌を死滅させられます。 湿気が溜まりやすい地域で暮らしている人は、除湿器を使うなどの工夫をしましょう。

昔から言われている方法の真偽

太陽の光に当てると、ベッドパットを消毒できるという話を聞いたことがある人が多いと思います。 しかしそれは、実はあまり効果がないと言われているのでおすすめできません。 他の方法で、ベッドパットを清潔な状態にしてください。 正しい方法を知って、実践しましょう。